Customers Contact Link
Creatures Guide
ハゼの仲間
 ※ライトブレインズのフィールドで観察できた生物を紹介いたします。
こちらのページはダイビングで実際に観察できた生物も元に構成されています。
野生の生物ですので、必ず観察できるという保障はできません。
すべての写真の著作権はライトブレインズにあります。写真の無断転載はご遠慮ください。
このページで紹介している生物
★アオギハゼ ★ガラスハゼ ★ヒメダテハゼ ★クビアカハゼ ★ハチマキダテハゼ
★ヤノダテハゼ ★オニハゼ ★ヒレナガネジリンボウ ★ヤシャハゼ ★ホタテツノハゼ属の一種
★ヤマブキハゼ ★ハタタテハゼ ★アケボノハゼ ★ハタタテシノビハゼ ★オバケインコハゼ
★ヨゴレダルマハゼ ★オドリハゼ ★パンダダルマハゼ ★ベンケイハゼ
名前 アオギハゼ
撮影地 崎本部
コメント ハゼの中でも上位にランクする鮮やかさを持っているのがこのアオギハゼ!名前の通り常に空を仰いでいる姿勢をしています。サンゴの岩陰やクレパス、洞窟などの暗いところを好みます(^0^)
群れを作って常にホバリングをしているんですね~o(^0^)o疲れないのかな~?
体調も3cm程度で大抵どこのポイントでも観察できます。小さい魚ですがその鮮やかさは必見の価値ありですのでよーく観察してみてください。
名前 ガラスハゼ
撮影地 オリジナルポイント
コメント こちらも小型のハゼで写真の通りムチカラマツやヤギ類で暮らしています。
決してここから離れようとせず、卵もここに産み付けます(@o@)写真を撮ろうとすると「わ~なんか来た~!!」というような声が聞こえてきそうな勢いで上下へ動き回るりますが、それでもムチカラマツなどから離れないんですよね~。
ムチカラマツやヤギ類があれば大抵くっついているので観察は容易ですが・・写真は意外と動き回るのでやや難しいかも。根気勝負です!
名前 ヒメダテハゼ
撮影地 オリジナルポイント
コメント 共生ハゼ(テッポウエビと共存しているハゼ)の代表となるダテハゼ。ダテハゼの種類は結構多いのですがこいつはその中でももっとも容易に観察できる種です。他のダテハゼとの区別は目の外枠に3つのラインがあることですかね。意外と度胸があるのか共生ハゼの中では簡単に寄れるので撮影も比較的楽ですね(^0^)v
名前 クビアカハゼ
撮影地 オリジナルポイント
コメント こちらもダテハゼの仲間ですが体色が派手な種です。
その名も通り首が赤いことからクビアカとついたのでしょう。当店オリジナルポイントの「ハゼパラダイス」ではうじゃうじゃといるので撮影も簡単です。
共生ハゼの巣穴にはエビが住んでいますが、実はこの巣穴ハゼの巣穴ではなくてエビの巣穴なんですね~(@o@)つまりこのハゼたちは居候になります(;¬_¬)しかし!ちゃんと居候としての役割果たしているんです!その役割とは!次のハゼで紹介します(笑い)
名前 ハチマキダテハゼ
撮影地 オリジナルポイント
コメント こちらもダテハゼの仲間です。名前の通り頭にハチマキを巻いているような細いラインが斜めに入っているのが特徴です。他のダテハゼに比べてシャープな印象を受ける気がします。なんか人間で言うとクールなやつって感じですかね~(-.-;)こちらもハゼパラダイスでは水深15m付近から沢山できてきます。こいつもあまり引っ込まないので撮影しやすいかも!さてこいつも共生ハゼですが、共生ハゼはただの居候ではなくて外敵が近くにいたら家主のエビに報告するという役割を盛っているのですね~o(^0^)oエビは目が悪い分ハゼを見張りに使っているのでした★
名前 ヤノダテハゼ
撮影地 水納島
コメント ダテハゼの中で1位、2位を争うほどの人気を誇るのがこのヤノダテハゼ!普通のダテハゼと何が違うのかって?それは尾びれです(^0^)/鮮やかで燃えるような尾びれがとっても印象的です。区別の仕方は尾びれなのですが、尾びれを巣穴に入れていることが多いため、判別にはちょっとした慣れが必要です。見慣れてくると顔付や体の色合いで「たぶんこいつだ!」とわかるようになってきます。冬場はほとんどいませんが水温が暖かくなってくると数が増えてきます。やや臆病ですので寄るときはゆっくりです(^^ゞ写真にカーソルを合わせるとエビとのツーショットになります。
名前 オニハゼ
撮影地 オリジナルポイント
コメント このオニハゼを最初に見たときはなんか気合の入ってるハゼだな~と思いました。常に上を見てて、下あごがしゃくれているんですよ。なんか戦闘態勢でやるきまんまんって感じです。しかし見かけとは裏腹にものすごくシャイです。なかなか近くまで寄らせれくれないんですよこの子!僕が思うにこいつが一番近寄りにくい気がします。ハゼパラダイスには水深15mからぽつぽつ出てきます。今度こいつをターゲットに絶対いにいい写真撮ってやる(`_´)ゞ
名前 ヒレナガネジリンボウ
撮影地 水納島(ver1)オリジナルポイント(ver2)
コメント お待たせしました!ダイバーに大人気のハゼ「ヒレナガネジリンボウ」です(^0^)/ハゼ好きのダイバーなら必ず1度は狙って見たいハゼですね。第一背びれが非常に長く、黒と白の縞々が印象的です。学生にたとえると生徒会長的なイメージですなヾ(^∇^)ノ
こちらのハゼもかなりシャイですので寄るときは十分注意してくださいね!やはり夏場に多くなり、水納島やハゼパラダイスで普通に見られます。
写真にカーソルを合わせると仲の良いペアの写真に切り替わります。
名前 ヤシャハゼ
撮影地 水納島
コメント ヒレナガネジリンボウと対を成す人気のヤシャハゼ。第一背びれが非常に長く赤い模様が特徴のヤシャハゼ、派手な印象の中に繊細さを感じるまさに俳優や女優といった印象のハゼですo(゚ー゚*o)(o*゚ー゚)oこちらも冬場は数が激減して夏場に多く現れます。水納島やハゼパラダイスで比較的容易に観察できます。
シャイなハゼなので撮影の際は注意してください。共生ハゼなのでエビが巣穴にいますが、このエビもヤシャハゼと同様の白と赤の縞々模様が印象的なエビがすんでいることが多いです。写真にカーソルを合わせるとペアに切り替わります。
名前 ホタテツノハゼ属の1種
撮影地 水納島
コメント 最初に見たときはオニハゼと思いましたが、その後調べて見るとホタテツノハゼ属の1種ということが判明しました。といってもホタテツノハゼ属の1種にはいろんな種類がいるらしくてなんとも判別が難しいところです(*´Д`)雄雌で背びれの形が違うやつもいるようで・・このタイプでは差がないようですが。
夏場の水納島で稀に見られます。
カーソルを合わせるとペアの写真に切り替わります。
名前 ヤマブキハゼ
撮影地 瀬良垣
コメント こちらは今まで紹介してきたハゼと異なった場所にいるハゼです。ドロップオフの棚下など潮通しのよい環境にいます。珍しい種類でもないのですがヤマブキ色の斑点が印象的なハゼです。意外と近くに寄ってもひこっまないので撮影も容易かな?
決して地味なハゼではないのですがハゼの仲間は魚類全体の10分の1を締めていてその中にトップスター級のハゼが何種類もいるのでどうしても影に埋もれてしまっている気がします (o・_・)ノ”(ノ_<。)どんまい!
名前 ハタタテハゼ
撮影地 真栄田岬
コメント この魚みたことある!という方も多いはず(^0^)観賞魚としても人気の高いこのハゼ、その理由は鮮やかな外見とホバリングしているときは第一背びれを細かく振っていて、とてもかわいらしい仕草えおします。その姿から「旗立て」とついたのでしょう。個体数はものすごく多いのでいたって普通種です。近くによると岩の穴に頭から高速でダイブしますε=ε=┏( >_<)┛毎回思うのですが、よく小さい穴にあの速度で、しかもピンポイントに逃げれるな~と思います。 
名前 アケボノハゼ
撮影地 瀬良垣
コメント きた~o(^O^*=*^O^)o深海の貴公子!その名もアケボノハゼ!人として例えるならハリウッドスターです!
だだしこいつを見ようと思ったら体に負担をかけないといけないのが玉に瑕(´Д`;)その理由は水深にあります。アケボノハゼがいるのは水深30m以上の深場!なぜそんな深くにいるのかというと、ハタタテハゼと同様の生息環境だったのですが彼らのほうがパワーバランスが強く、深場へ追いやられたのではという説があります。しかしながらその鮮やかさはまさにトップスター!必見の価値ありです。
名前 ハタタテシノビハゼ
撮影地 瀬良垣
コメント こちらもドロップオフの棚下などにいるハゼです。個人的にはお気に入りですがヤマブキハゼ同様に影に埋もれてしまっているハゼです (o・_・)ノ”(ノ_<。)どんまい!第一背びれが他の種に比べてダントツ長いのが魅力の一つです。ドロップオフのポイントやクレパスのポイントでよく観察できるます。
名前 オバケインコハゼ
撮影地 新里
コメント また個性が強いやつが出てきましたo(●´ω`●)oまずは名前ですオバケって・・きっとその大きさからついたのでしょう。大型のハゼで生息環境も他のハゼと極端に違います。サンゴのガレ場の下、それも泥っぽい場所にいます。特定の環境でしか見られないので意外と一部では人気があるやつなんですよね~(@д@)/?個性派俳優って感じですかね。個体数はそんなに多くありませんが比較的簡単に観察できるかな?
名前 ヨゴレダルマハゼ
撮影地 オリジナルポイント
コメント いままで紹介してきたハゼとまた異なった生息環境のハゼです。サンゴを住処にしているハゼの仲間です。ダルマハゼのダルマとは「達磨太子の鬚面」からきているようです。確かに顔には沢山の鬚がついていますね~(≧∇≦)ノ彡僕自身すごく似ているダルマハゼとはなかなか区別がつかないんですけどね(_ _|||)
たぶんハナヤサイサンゴにいるのがヨゴレダルマハゼじゃないかな~と思います。観察はハゼパラダイスのとあるハナヤサイサンゴにワッサー住み着いてますO(^0^)O
名前 オドリハゼ
撮影地 崎本部
コメント 共生ハゼの中でもっとも臆病なハゼですね(-.-;)しかしながらとても人気の高いハゼですo(^0^)oその理由はしぐさにあるんですね~。常にホバリングをしていて胸ひれを器用に動かし、その動作がまるで踊りを踊っているように見えるんです(@o@)黒と白のツートンカラーでシンプルですがその魅力は正にトップクラスに匹敵します!僕もお気に入りのハゼですね★
砂地、ドロップオフどちらの砂地にいるので特に場所はこだわらないようですが、水深は浅いところにいます。
名前 スジクロユリハゼ
撮影地 瀬良垣
コメント アケボノハゼと並んでトップスターの座にいるハゼですo(^O^*=*^O^)o水深もアケボノハゼと同様30m以上とやや深め・・・ですが生息域は同じなので2種類同時に観察できることもありますよ!!こちらは鮮やかなブルーが気品をだしていますね♪夏場の水温が上がってきた時期が狙い目です!観察には深度と時間に十分気を付けましょう(`_´)ゞ
名前 パンダダルマハゼ
撮影地 水納島
コメント ヨゴレダルマハゼ同様にサンゴを住処にしているハゼです。名前の通り白と黒のツートンカラーがとってもかわいいo(^O^*=*^O^)o正にパンダだ~★
サンゴに住むハゼの中でもダルマハゼ属は一生同じサンゴから離れない事が多いようですね(@o@)
近似種のカサイダルマハゼとは胸鰭の色で見分けがつきます!
数は比較的少なくマクロ派ダイバーに絶大な人気を誇っています!!
名前 ベンケイハゼ
撮影地 瀬良垣
コメント 個人的には結構お気に入りのハゼ(^0^)v
サンゴの根の裏側や亀裂、穴などでやや稀に見られます。縞模様と黄色っぽい色合いがかわいい~♪
伊豆から沖縄まで広く分布しているので珍しい種ではないのですが・・・気になるかわいいハゼです。
体調も大きくても5cmほどの小型のハゼですね。


生物紹介のページへ
ショップ スタッフ ダイビング トレッキング カヤック オススメ 地元 メディカル
ブログ サンゴ お客様の声 アクセス お問い合わせ リンク サイトマップ