Customers Contact Link
Creatures Guide
ウツボ・アナゴの仲間
 ※ライトブレインズのフィールドで観察できた生物を紹介いたします。
こちらのページはダイビングで実際に観察できた生物も元に構成されています。
野生の生物ですので、必ず観察できるという保障はできません。
すべての写真の著作権はライトブレインズにあります。写真の無断転載はご遠慮ください。
このページで紹介している生物
★ニセゴイシウツボ ★ヘリゴイシウツボ ★ハナヒゲウツボ ★クモウツボ ★ゼブラウツボ
★ミナミホタテウミヘビ ★タツウミヘビ ★ゴイシウミヘビ属の1種 ★モヨウモンガラドオシ ★チンアナゴ
名前 ニセゴイシウツボ
撮影地 水納島
コメント さんご礁域の浅場などでよく見れる巨大なウツボです。体調は大きいもので2m弱までなるそうです!!
白地に黒い斑点が散ったような模様をしているのが特徴ですね。子供のころは黒い斑点が大きいのですが、大人になるにつれ小さくなっていきます。ウツボの仲間は基本臆病な性質ですので、ウツボから攻撃してくることはほとんどありません。
食用にはあまり向かないようですね~シガテラ中毒の可能性もあるようなので食べる際は注意です。
名前 ヘリゴイシウツボ
撮影地 崎本部
コメント こちらも浅場で見られるウツボです。他のウツボに比べてやや稀に見られますかね~。なかなか強そうな顔つきで威嚇してきますが・・内心は結構ビビッているはず!しかし歯は鋭いのでうかつに手を出せば・・・「ぎゃーーー!!」(=_=;)ってなことに・・・。
このウツボの目を見ると「風の谷のナウシカ」のオームの目を思い出します。ほらナウシカがオームの殻から取ったやつに見えませんか?
ちなみにこやつは黄色い粘膜を体に張っているのでこんな色しているようです。地肌は何色なのか気になりますね~。
名前 ハナヒゲウツボ(成魚)
撮影地 オリジナルポイント
コメント きれいなウツボ代表のハナヒゲウツボ(^0^)vこちらもやや稀に見られるウツボです。
その鮮やかさからダイバーにとっては最高の被写体になってくれます。このウツボは性転換することで知られていて、その過程で体色が変わります。幼魚、未成熟個体は黒、成魚になると雄のになになり体色も鮮やかな青に変わります。その後体色が黄色に変わり、雌になるんですね~(@_@)
幼魚と成魚は良く見るのですが・・雌の老魚めったに観察できません。見られたら超ラッキーですよ!!
写真にカーソル当てると雌の老魚に切り替わります。
名前 クモウツボ
撮影地 真栄田岬
コメント 体調60cmほどになる中型のウツボです。
ハナヒゲウツボほどではないですが、なかなか人気の高いウツボですね!こちらも浅場で観察できるウツボです。個人的にはかなりお気に入りのウツボなんですが意外と観察事例が少ないウツボなのでこればかりは皆様の運しだい(^_-)
写真ではわかりにくいですが鼻孔が黄色で、なんか黄色い鼻線をしているような顔が愛嬌満点ですo(^0^)o
性的二型の種で雄と雌で歯に違いがあります。雄は犬歯を持つのですが雌は臼歯しかないようです。

名前 ゼブラウツボ
撮影地 崎本部
コメント 今まで見たウツボの中でもっとも観察例が少ないのがこのゼブラウツボ!崎本部と伊江島の2回しか見ていません(--;)
このウツボの歯はすべて臼歯で主に甲殻類や貝を食べているそうです、だから犬歯はいらないんですね~。
しかしかまれたら犬歯は「ぐさっ!!」って感じ痛そうですが・・こちらの臼歯でがぶっとこられたも・・それはそれで潰されるような痛みが・・・(=_=;)
でもこのウツボ口を開けている姿を見たことないので温厚な正確なのでしょう。体の模様がそのまま名前の由来になっているのでしょうね。
名前 ミナミホタテウミヘビ
撮影地 瀬良垣(日中)・崎本部(夜間)
コメント こちらはウツボではありません。名前ではウミヘビとなっていますが実際はアナゴの仲間です(o^-^o)もちろん無毒です!海の中にはアナゴ系のウミヘビと爬虫類のウミヘビがいて猛毒を持っているのは爬虫類のウミヘビですね。
こいつは砂地のポイントにいる種で、砂にほとんど埋まったまま顔だけだしています。日中は猫目で愛嬌満点!そーっと近寄ればかなり接近できます。しかし、夜間になると動き周り、目も猫目から普通の状態になります。写真にカーソル合わせると夜間バージョンになります。お気に入りの魚です(^0^)v
名前 タツウミヘビ
撮影地 水納島
コメント ものすごく珍しい種です(≧∇≦)僕自身人生で2回しか見たことがない種です。こちらもアナゴ系のウミヘビで、赤い色と白い眼が漫画の怪物で出てきそうな顔ですね。個体数も少なく、見れたら超ラッキーな種です。
なにぶん図鑑などでもあまり載っていないのでこいつについては詳細不明な点が多いんですよね~(@-@)
水納島は比較的こういったウミヘビ系との遭遇率は高いので、次に出会えるときを楽しみにしています。

名前 ゴイシウミヘビ属の一種
撮影地 水納島
コメント こちらもタツウミヘビ同様に珍しい種です。タツウミヘビよりは比較的多く観察されますが、図鑑などでも和名が「ゴイシウミヘビ属の一種」と載っており、正式な和名がないんですね~・・あ・・うわさによれば和名が決まったと・・(-_-;)
小型な種でよく口をパクパクさせて埋まってます(笑)
冬場はあまり見ないので水温が暖かくなってきたら出てくる気がします。
名前 モヨウモンガラドオシ
撮影地 崎本部
コメント こちらも沖縄ではあまり見られない種です。図鑑によってはゴイシウミヘビとなっているのですが、どちらも異名同種(名前は違うけど一緒)という説があって・・実際どっちなんだろう(=_=;)そのうちどちらの名前がなくなるかもしれないですね。砂に潜っている姿はあまり見かけないのであまり潜らないやつなのかな?
深い水深というよりも浅場それも砂地やゴロゴロしたような雰囲気のところで見かけますが、遭遇率は神のみぞ知ると言ったところでしょう(´-ω-`)
名前 チンアナゴ
撮影地 水納島
コメント 水族館などではもはや定番の魚チンアナゴ!ガーデンイールとも呼ばれて沖縄「ちゅら海水族館」の人気者です。基本臆病な性質なので近寄ると全部引っ込んで隠れてしまいます。しかし水納島のとあるポイントではこのチンアナゴが沢山いて、しかもダイバーになれているので結構近くに寄れます。いい被写体ですヾ(^∇^)ノじっくり時間をかけて狙ってみたいですね!
しかしこいつの砂の中に埋まっている部分はどんな形なんでしょう・・一度ひっこ抜いて確認したいのですが・・・もちろんやりませんけどね(笑)


生物紹介のページへ
ショップ スタッフ ダイビング トレッキング カヤック オススメ 地元
メディカル ブログ BBS サンゴ アクセス お問い合わせ リンク サイトマップ