Customers Contact Link
Creatures Guide
その他観察できる魚
 ※ライトブレインズのフィールドで観察できた生物を紹介いたします。
こちらのページはダイビングで実際に観察できた生物も元に構成されています。
野生の生物ですので、必ず観察できるという保障はできません。
すべての写真の著作権はライトブレインズにあります。写真の無断転載はご遠慮ください。
このページで紹介している生物
★ケラマハナダイ ★ナンヨウハギ ★ヨスジフエダイ
★マダラタルミ ★ホソカマス
★タカサゴ ★ツバメウオ ★ホウセキキントキ
★アマミウシノシタ ★スカシテンジクダイ
★へコアユ ★イソマグロ ★ヒレナガカンパチ ★ナポレオンフィッシュ
★ネムリブカ
★マダラトビエイ ★ヤッコエイ ★アオウミガメ
名前 ケラマハナダイ
撮影地 水納島
コメント ハナダイの中でも個人的にオススメなのがケラマハナダイ(*^ー゚)v写真の個体は雄のようです。他のハナダイに比べてやや控えめな雰囲気ですが、薄いピンクの色合いが彼らの存在をひときわ引きだてていますo(^0^)o性転換する魚で雄が基本ハーレムを作るので有名ですねO(≧∇≦)Oでも・・稀に雄で小さな群れを作ることがあるようです・・・作戦会議でも開いているのでしょうかね~。やや深場のサンゴの根周囲を泳いでいます。
名前 ナンヨウハギ
撮影地 水納島
コメント こちらはカクレクマノミ同様映画で一躍有名になった魚ですね~ヾ(^∇^)ノ鮮やかなブルーの体は水中でもかなり目立っています。子供の頃はサンゴからほとんど離れずに泳いでいます。そして外敵がくるとサンゴの隙間に頭から潜り込んで身を隠すんですね~その姿は正に「頭隠して尻隠さず」といった様子ですo(^O^*=*^O^)oでもこの魚とっても協調性があるいいやつなんですよね~争いを好まない優しいやつって感じです!
水納島など砂地のサンゴの根にいることが多いですね。
名前 ヨスジフエダイ
撮影地 水納島
コメント 沖縄では「ビタロー」と呼ばれています。最初居酒屋に行ったときメニューにビタローと載ってました。「ビタローってなに?肉?魚?」想像付きませんでしたが注文してみたらヨスジフエダイでした(@o@)この魚も食べちゃうんだ~そして以外にも味はなかなか!是非食べて見てください(*)´ー`(*)モグモグ
この魚はドロップオフの棚上や砂地のサンゴの根に群れでいます。白と黄色の色合いが美しく、群れでいるので良い被写体になります。
名前 マダラタルミ(yg)
撮影地 真栄田岬
コメント 僕の中ではパンダと呼んでいます。写真は幼魚の写真ですが白黒の模様がパンダっぽく見えるのは僕だけですかね~(゚Д゚≡゚Д゚)でもこのパンダ模様実は子供のときだけなんですね。大人になると・・グレーと言うか黒と言うか・・ジミーな単色になります。子供の頃は単独で泳いでいますが大人になると大きな群れを作ることもあります。大人でも単体で泳いでいるやつもいますが・・・ヾ(・д・。)ドロップオフなどの潮通しのよい所で泳いでいます。
名前 ホソカマス
撮影地 伊江島
コメント ドロップオフといったら群れですね!潮通しの良い所で群れを作っているホソカマス。あまり潮通しの無いところにいるタイワンカマスに比べてシャープな印象を受けます。そうジャニーズ系のようなヾ(^∇^)ノ豪快なドロップオフにぴったりの魚です。運がいいと数百~千近くの群れに遭遇することもあり、その光景は心の一ページに深く刻まれること間違いなしですo(^O^*=*^O^)o
潮の流れがやや速いときに良く見かけますので、ある程度スキルが無いと難しいかも!?
名前 タカサゴ
撮影地 中の瀬
コメント 沖縄の県魚となっているタカサゴ!沖縄の方言では「グルクン」と呼ばれています。居酒屋メニューの定番「グルクンのから揚げ」は是非一度ご賞味を(^0^)v
ドロップオフはもちろん潮通しのよい砂地などでも見られます。群れでダイバーを横目に通過していく光景もすばらしいものですo(^O^*=*^O^)oタカサゴの他にクマザサハナムロやハナタカサゴ、ウメイロモドキなども見られます。日中は鮮やかなブルーをしていますが、夜間や釣り上げると真っ赤な体に変色します。
名前 ツバメウオ
撮影地 真栄田岬
コメント もはや真栄田岬の名物となってしまったツバメウオ。ダイバーや人に慣れすぎて向うから接近してきます。気が付くと隣で併走しているなんてことも多々・・(;゜0゜)
子供の頃は枯葉のような姿形をしていますが、大人になると銀色の体に黒い横縞が入ります。名前の由来はこの魚を下から見上げて見るとツバメが飛んでいるように見えるそうです・・僕にはツバメに見えないんですが・・・・( ̄▼ ̄|||)時期のよって瀬底島で100匹近い数の群れに遭遇することもありますよ~(@o@)
名前 ホウセキキントキ
撮影地 崎本部
コメント ダイビングで初めてこいつと出会ったとき何故だかすごく印象に残りました。すぐに帰って図鑑で調べて名前が発覚!それ以来こいつは僕の心の一ページに残っています。鮮やかなルビーのような目が印象的でそこから宝石と付いたのでしょうO(≧∇≦)Oそれ以来こいつと出会えば必ず挨拶を交わします(^0^)ノ
キンメダイの仲間になるので岩陰や洞窟、クレパスなどの暗いところを好みます。
食べたこと無いですがきっとおいしいのだろうな~と常に思います。
名前 アマミウシノシタ
撮影地 崎本部
コメント 僕は勝手に「ゴリチョの主」と呼んでいます(*^ー゚)v大型のウシノシタで崎本部の砂地で暮らしています。ウシノシタとは名前の通り形が牛の舌に似ていることからきています。地方では「舌平目」などとも呼ばれていますね(@o@)体長40cmくらいはありますよ~☆でかすぎて砂に隠れきれていないため・・すぐに見つけられますが・・・( ̄▼ ̄|||)ま~それはかわいいから良しとしましょう。それにしてもなかなか良い肉厚していますね~きっと食べたらおいしいのだろうな~(*)´ー`(*)モグモグ。
名前 スカシテンジクダイ
撮影地 崎本部
コメント 一応説明しておきますと、画像いっぱいいにいる透明の魚がスカシテンジクダイです。ダイバーには「スカテン」などと略されてます(^0^)v小さな魚でも数千と群れていたらすばらしい光景ですね~(@o@)毎回こいつを見るたびに思うのですが・・体が透明って何?と思いませんか?透明ですよ!!体がスケルトンですよ!!いった透明の部分はどんな成分でできているのでしょうね~(・・?)なぞだ・・。
砂地のサンゴの根に大きな群れを作っています。
名前 へコアユ
撮影地 レッドビーチ
コメント 縦に泳ぐ魚登場です(@o@)このへコアユは群れで縦に泳ぎまとまっていますが、危険を感じると横向きになって泳ぎ逃げます。・・・だったらはじめから横に泳げぃヽ(#`Д´)ノとつっこみたくなります。ここで紹介していますがトゲウオの仲間に実は入っているんですね~。何故縦にいるかというと鰭が縦に泳ぐのに発達した形をしているようです。そして縦に泳いでいるのはガンガゼの隙間などに入って身を守っているとも言われています。へコとは逆、アユとは歩むということらしく、訳すと「逆に歩む」という魚になりますフムフム(*゚Д゚)φ))ナルホド!!
名前 イソマグロ
撮影地 瀬良垣
コメント ドロップオフの潮通しが良い日にはズドーンと魚雷のような体のイソマグロが通過しますo(^O^*=*^O^)o正に魚の王者というような貫禄を出していますね~!見るのもいいですがやっぱりマグロは食べたほうがいいな~なんて水中で思ってしまう僕でしたヾ(・д・。)
写真の個体はまだ子供の個体ですが大きいイソマグロはかなり迫力満点です!
流れがある程度早いときに良く見るので注意が必要です。
名前 サバヒー
撮影地 瀬良垣
コメント 最初はヒレナガカンパチかなんかかな~と思っていましたがどうやらサバヒーのようですね。この魚は汽水でも生息可能とのこと(@o@)やるね~!台湾では高級食材となっているようです。小骨が多いのが難点ですがものすごく美味しいようですO(≧∇≦)O
身がミルクのように白いことから英語では「milkfish」と呼ばれています。人の食卓に古くから並んでいるようです。夏の終わりごろに大きな群れで泳いでいます。
名前 ナポレオンフィッシュ
撮影地 伊江島
コメント 水族館の定番ナポレオンフィッシュ(*^ー゚)vこいつも性転換する魚なんですね~大きくなると雄になって立派なコブがでてきます。和名では「メガネモチノウオ」と呼ばれています。その名の通り幼魚はメガネをかけている様な顔をしています∠( ゚д゚)/ 幼魚と成魚の姿がまったく違うことから昔は別種とされていたようです。
神出鬼没なのか、真栄田岬、崎本部、ハゼパラダイス、瀬底島、伊江島などで稀にみられます。崎本部、ハゼパラダイスはともに早朝ダイビングのときだったから朝方なのかな~?
名前 ネムリブカ
撮影地 瀬良垣
コメント 沖縄でもっと良く見られるサメですねヾ(^∇^)ノとっても温厚な性格で日中は岩影や隙間に隠れて寝ていますヾ(・д・。)寝ているところ毎回申し訳ないと思いながらライトを照らすと・・・サメさんは・・・(╬。_。)╬゚Д゚)・・・移動中・・・(-_-).。oOO グゥグゥ・・・ライトをまた照らす・・・(╬。_。)╬゚Д゚)・・・移動中・・・(-_-).。oOO グゥグゥってな感じの繰り返しです。ごめんね~お休みのところと一応謝っておきますm(_ _)m
瀬良垣のドロップオフや瀬底島、水納島などで見られます。
名前 マダラトビエイ
撮影地 瀬良垣
コメント 水中を華麗に飛んでいるマダラトビエイその姿は正に大空を滑空する鷲のごとく優雅ですヾ(^∇^)ノこいつとの出会いはもう偶然としか言えないでしょうね。潮通しよいドロップオフなどで見られますが、確率はかなり低いです。僕自身も数回しかまだ出会えていないので、出会えたらラッキーですね(*^ー゚)v水族館では大水槽に沢山いるのでそのときに、じっくりと顔を見てあげてください!正面からから見るととってもユーモラスな顔をしているんですよ~それは・・見た人だけということで(・ノ(¬¬;)
名前 ヤッコエイ
撮影地 水納島
コメント マダラトビエイとは逆の環境の砂地にいるエイです(*^ー゚)vトビエイは英語で「eagleray」「鷲」に対して砂地にいるようなエイは「stingray」「刺す」と呼ばれています。砂に潜っているため誤って踏んだりすると下半身を上部へそり返し、尻尾の付け根にある毒針で刺します。ですので誤って彼らの上に着低しないようにしましょうね(゚Д゚≡゚Д゚)砂からでて砂地を低空飛行している姿はとても優雅でトビエイにも負けていません!!
水納島や瀬良垣の砂地でよく見かけます。
名前 アオウミガメ
撮影地 水納島
コメント もっとも良く見かけるカメですね~ヾ(^∇^)ノ個人的にカメには特別な思い入れがあります。昔イルカと一緒に調教していたことがあるんです。その時はタイマイでしたが、やっぱりかわいいものです(〃゚∇゚〃)
ウミガメは種類によって食べ物が変わりますが、中にはクラゲを食べる種類もいます。残念なことに海に漂うビニール袋なんかは正にクラゲに見えるようで・・誤って食べてしまうこともあります。彼らがいきいきと暮らせるような海をいつまでも残していけるようにしていきたいですね!どこのポイントでも稀に見られますが、水納島や瀬底、瀬良垣などでよく見ます。


生物紹介のページへ
ショップ スタッフ ダイビング トレッキング カヤック オススメ 地元
メディカル ブログ BBS サンゴ アクセス お問い合わせ リンク サイトマップ