Customers Contact Link
Creatures Guide
トゲウオの仲間
 ※ライトブレインズのフィールドで観察できた生物を紹介いたします。
こちらのページはダイビングで実際に観察できた生物も元に構成されています。
野生の生物ですので、必ず観察できるという保障はできません。
すべての写真の著作権はライトブレインズにあります。写真の無断転載はご遠慮ください。
このページで紹介している生物
★オオウミウマ ★ワカヨウジ ★オイランヨウジ ★ウミテング ★カミソリウオ
★ニシキフウライウオ ★タツノハトコ ★タツウミヤッコ ★ピグミーシーホース
名前 オオウミウマ
撮影地 新里
コメント 沖縄で見られるタツノオトシゴです。大きなもので20cmほどにもなるようです。タツノオトシゴは雄がおなかに育児嚢を持ち、その中で卵や稚魚を保護します。よく雄が産卵しているような光景を見ますが、雌が雄の育児嚢内に産卵するため雄から産まれてくるわけです。比較的稀に見られ狙って観察できる生物でないのが残念です。
動きはタツノオトシゴなので遅く、撮影にはかなりいい被写体になってくれます。
個人的にこういう魚らしくない魚に興味が惹かれてしまいますね~p(^0^)q次はいつ出会えるかな~。
名前 ワカヨウジ
撮影地 崎本部
コメント トゲウオの仲間はどうしてこんなに面白い姿をしているのでしょうo(^0^)oこのワカヨウジなんかは水中に落ちている木の枝とそっくり!まさに棒です。知らなければ完全にスルーしてしまう魚です。
そんなに珍しくないですが頻繁に見れるという種でもないです。一度見つければしばらくはそこにいますので観察は容易になってきます。
ビーチポイントの比較的浅い水深1m~10前後のところで僕は良く観察できました。
名前 オイランヨウジ
撮影地 崎本部
コメント 鮮やかなヨウジウオ代表ですね!その模様からついた和名が「花魁」なんでしょうね(@o@)
サンゴの根の岩陰などに隠れていることが多く、じっくりとサンゴの根を観察していると稀に出てきます。
オオウミウマなどのタツノオトシゴに比べて育児嚢の発達がなく、腹部にゼラチン質で覆われた卵をくっつけます。
岩陰以外にもガンガゼなどにいることもありますよ~。
名前 ウミテング
撮影地 瀬良垣
コメント トゲウオの中での1位、2位を争う人気を誇るのがこのウミテングですヾ(^∇^)ノ
吻が長く、胸鰭が大きく翼のようになっているのが特徴です!そしてこの翼のような胸鰭を大きく広げて羽ばたくのかと思いきや、地面をよたよたと歩くんです(*≧m≦*)その姿を見てしまったあなたはもうウミテングのとりこになってしまうはず。しかもそれがペアでいることもあり、その姿は仲のよい夫婦やカップルのようです♪
しかし残念ながら観察できるのは稀で見られたらラッキーな種です。泥や砂地のポイントに生息しています。
名前 カミソリウオ
撮影地 瀬良垣
コメント なにこれ!?海草?と思ってしまうような形の魚それが「カミソリウオ」です!体の形状がカミソリに似ているのが和名の由来なんですかね~僕だったら海草の「アマモ」に似ているから「アマモウオ」なんてつけますがどうでしょう?(;¬_¬)
それにしてもかなり優れた擬態をしております。泳ぎ方なんてまるで浮遊している枯葉と同じ・やりますね~!
こいつも沖縄では稀に見られます、水温の上がりきっていない頃に良く見かける気がします。神出鬼没なので偶然の出会いでしょう。こちらの育児嚢はオオウミウマと違い雌がもっています。
名前 ニシキフウライウオ
撮影地 レッドビーチ(ver1)・崎本部(ver2)
コメント こいつもトゲウオの仲間で1位、2位を争う人気の種です!僕の中では1位ウミテング、2位ニシキフウライウオですなo(^0^)oこいつも大抵ペアで寄り添っているので仲の良い夫婦ですな!カラーバリエーションが豊富で大抵はウミシダをホストにしているので、そのウミシダと似ているカラーになりますが・・稀に間違えちゃったやつを見かけます(笑)
こいつは一度見つければしばらくそこにいついているので、いるときはほぼ100%の確立で見れます。いればですが・・。
カーソルを写真に合わせると違う個体になります。
名前 タツノハトコ
撮影地 水納島
コメント タツノオトシゴの仲間でヨウジウオよりタツノオトシゴに近い種です。だからタツノハトコ?(@o@)
といっても同じ仲間にタツノイトコってのもいます。
正直イトコとハトコ区別は僕には全くもってわかりません(;¬_¬)わかる人に教えていただきたいくらいです。ここでは沖縄でよくみられるのはハトコということなので一応ハトコにしておきます。
それにしてもイトコとかハトコって・・・どうなのよ・・・。
個体数も少なく珍しい種類でので見られたらラッキーな魚です(^0^)v
名前 タツウミヤッコ
撮影地 瀬良垣
コメント 僕がもっとも好きなトゲウオの仲間ですヾ(^∇^)ノ
初めてこいつと出会ったのは二十歳のとき・・・久米島で修業していたころ・・・「何だこいつ?変なの」と思っていたら先輩が大興奮していて珍しい種類だということがわかりました。それ以来見たいと思いながら早7年・・27歳の夏7年ぶりに再会しましたo(^0^)o
とっても珍しいので見れたらラッキーです!背中に無数の羽があるように見えることから「龍」を連想させられます。だから「龍ウミヤッコ」なのかもしれないですね。
名前 ピグミーシーホース
撮影地 瀬良垣
コメント こちらは見た目から想像できるようにタツノオトシゴの仲間です。
ダイバーには絶大な人気を誇る種ですねo(^0^)o
しかしピグミーという名前から推測できるように大きさがわずか1cm~2cmの極小サイズです(@o@)!さらに観察には容易ではありません。数が少ないうえに彼らの生息環境はある特定のヤギ類(写真の枝みたいなもの)にしか住み着かない・・・さらにそのヤギ類が生息しているのは25mより深場で通常30m以上のところに居るんですね~・・・しかも見事な擬態で探すのも大変(;¬_¬)一度見つけてしまえば紹介は楽なのですが・・。


生物紹介のページへ
ショップ スタッフ ダイビング トレッキング カヤック オススメ 地元 メディカル
ブログ サンゴ お客様の声 アクセス お問い合わせ リンク サイトマップ