Link
Creatures Guide
ウミウシの仲間 Vol 3
 ※ライトブレインズのフィールドで観察できた生物を紹介いたします。
こちらのページはダイビングで実際に観察できた生物も元に構成されています。
野生の生物ですので、必ず観察できるという保障はできません。
すべての写真の著作権はライトブレインズにあります。写真の無断転載はご遠慮ください。
このページで紹介している生物
★クチナシイロウミウシ ★レンゲウミウシ ★キイッポンウミウシ ★マダライロウミウシ
★キイロイボウミウシ ★ハイイロイボウミウシ ★シロハナガサウミウシ ★ヒオドシユビウミウシ
★サキシマミノウミウシ ★フウセンミノウミウシ ★センジュミノウミウシ ★オオコノハミノウミウシ
★ムカデミノウミウシ
名前 クチナシイロウミウシ
撮影地 崎本部
コメント 春から初夏にかけて潮通しの良いサンゴ礁域で稀にみられます。埼本部では稀に初夏のころ浅場で見られます(^0^)v体長2cmほどです。
名前 レンゲウミウシ
撮影地 レッドビーチ
コメント 冬から春先に稀に見かけます(*´Д`)個人的に色合いがとっても好きなウミウシです!埼本部でも稀に見かけますよ☆体長は2cm程です。
名前 キイッポンウミウシ
撮影地 真栄田岬
コメント キイッポンとは見事な名前ですな(o・_・)ノ背中の黄色い一本線を木に見立てたのですね。図鑑では初夏から夏場に見られると書いていましたが3月の真栄田岬で見かけました・・・時期関係あるのかな(ー_ー?)一度しか見たことがないので稀な種だと思います。
名前 マダライロウミウシ
撮影地 レッドビーチ
コメント 秋から春くらいにかけてレッドービーチではほぼ定番になっているウミウシです(●゚д゚●) 本種は写真のように」2個体が追尾する行動が見られますがまだよくわかってないようです。6cmくらいになる種ですね!他のポイントではあまり見かけません。
名前 キイロイボウミウシ
撮影地 崎本部
コメント 季節問わずにふつうに見られるウミウシです(゚ω゚ノ)ノ色彩変化が多い個体ですが大きさが違うペアでいるところも稀に見かけます。5cmくらいで岩場にくっついていることが多いです。
名前 ハイイロイボウミウシ
撮影地 崎本部
コメント イボウミウシの中では個人的に気に入っているので載せました(´▽`*)理由は僕もよくわからないんですが・・・イボウミウシの中で稀に見られる種で埼本部では季節問わず稀にやや水深のある所で見かけます。
名前 シロハナガサウミウシ
撮影地 真栄田岬
コメント 初めての出会いは1月の埼本部でした!それ以降は見かけることがなかったのですが・・・次に見かけたのが真栄田岬で・・その後は真栄田岬で頻繁に見かけるようになりました∠( ゚д゚)/ 季節問わず潮通しの良い岩礁でみられるようですね
名前 ヒオドシユビウミウシ
撮影地 崎本部
コメント 埼本部では3月頃によく見かける泳ぐウミウシです!!!!(゚ロ゚ノ)ノ怪獣のような姿ですが泳ぐ姿は必死です!時期さえ合えばさほど珍しい種でもない気がします。
名前 サキシマミノウミウシ
撮影地 崎本部
コメント とっても小さいミノウミウシです!!体長5mm程で埼本部では浅場のガレサンゴをひっくり返すと稀にでてきます(¬з¬)季節は春頃が一番多い気がします。
名前 フウセンミノウミウシ
撮影地 崎本部
コメント こいつは一回しか出会ったことがない種ですo(^O^*=*^O^)oそれもナイトダイビングで見かけました。図鑑などでも夜間と記載してあったのでナイトダイビングで見かけるウミウシですね。稀に見れる種で体長5mmほどでした。
名前 センジュミノウミウシ
撮影地 瀬良垣
コメント なんとも不思議な形のウミウシですな(´-ω-`)体内に褐虫藻を取り組んでおり光合成ができるんですな!僕が見かけたときは5m四方に10匹以上大量発生してましたが、通常は稀だそうです。
名前 オオコナハミノウミウシ
撮影地 崎本部
コメント ソフトコーラルを食べる大型のウミウシです( ゚д゚)体長10cmくらいで季節、環境問わず稀にみられます。一時期埼本部同じ個体が住み着いていました。
名前 ムカデミノウミウシ
撮影地 崎本部
コメント こちらは普通種のウミウシでみんなにスルーされてしまうかわいそうな奴です(´_`。)良く見ると結構きれいなんですけどね・・・まー本当に沢山いるんでありがたみは少ないウミウシです。夏場に多いかな?

ウミウシVol 2へGo!!

生物紹介のページへ
ショップ スタッフ ダイビング トレッキング カヤック オススメ 地元
メディカル ブログ BBS サンゴ アクセス お問い合わせ リンク サイトマップ