Customers Contact Link
Creatures Guide
エビ・カニの仲間
 ※ライトブレインズのフィールドで観察できた生物を紹介いたします。
こちらのページはダイビングで実際に観察できた生物も元に構成されています。
野生の生物ですので、必ず観察できるという保障はできません。
すべての写真の著作権はライトブレインズにあります。写真の無断転載はご遠慮ください。
このページで紹介している生物
★オトヒメエビ ★バイオレットボクサーシュリンプ ★イソギンチャクモエビ ★ムチカラマツエビ
★コールマンズシュリンプ ★バブルコーラルシュリンプ ★アカシマシラヒゲエビ ★ホワイトソックス
★スザクサラサエビ ★ウミウシカクレエビ ★ミナミゾウリエビ ★カノコイセエビ
★ホシゾラワラエビ ★イソコンペイトウガニ ★イソバナガニ ★カイカムリ
★キンチャクガニ ★オラウータンクラブ ★ナマコマルガザミ ★モクズショイ
★ムチヤギカクレカニダマシ ★アカホシカニダマシ ★コマチコシオリエビ
名前 オトヒメエビ
撮影地 崎本部
コメント 小型のエビで洞窟や岩影や根の下などの暗いところを好みますが、ちょくちょく日のあたる場所にもいます。
紅白の鮮やかな色合いと、長い手に体以上の長さがある触角が特徴です(^0^)v
比較的良く見れますが、その鮮やかさは何度見ても目を引く美しさですね~ヾ(^∇^)ノ
水族館やアクアショップでも定番なので良く見かける種かもしれませんね。
名前 バイオレットボクサーシュリンプ
撮影地 瀬良垣
コメント こちらはオトヒメエビとそっくりのエビですね~姿形はまったく同じですが大きさはオトヒメエビ比べて小さいです。赤い色合いがオレンジに近い感じで、もっとも特徴的なのは胴体が紫な所ですね(@o@)名前もバイオレットボクサーって・・・・確かに正面から見たらボクサーのファイティングポーズに見えますね~そこから華麗なパンチが飛んできそうです0(`・ω・´)=〇 個体数はものすごく少なく滅多にお目にかかれないエビなので見られたら超ラッキーですヾ(^∇^)ノ
生息環境はオトヒメエビより奥の暗がりにいることがあります。
名前 イソギンチャクモエビ
撮影地 崎本部
コメント こいつをはじめて見たときの感想「めっちゃ振ってるじゃん!!」何を振っているかというと・・・お尻ですo(^O^*=*^O^)oその姿がものすごく印象に残って一発で覚えました。僕の中では「オシリフリフリエビ」と呼んでいます(o・_・)ノ大きさは1cmほどでその名の通りイソギンチャクを住処にしています。数も多いのでクマノミとセットで観察するといいですね!
名前 ムチカラマツエビ
撮影地 オリジナルポイント
コメント ムチカラマツに住み着いているエビですね。ちなみに写真の中に8匹います(@o@)写真の部分だけで8匹なので全体には20匹近く住んでいました。ガラスハゼなんかと同じでずーっとここに住んでいますので、ガラスハゼとセットで観察するといいですね!
ムチカラマツにはほぼくっついていますので、是非皆さんもムチカラマツ見つけたら観察してくださいねo(^0^)o
名前 コールマンズシュリンプ
撮影地 瀬良垣
コメント 滅多にお目にかかれないエビです。と言うか・・僕も人生で2回しか見たことが無いです(*´Д`)パンダのような模様がとってもかわいいエビですが生息している場所がバックに移っているウニ「フクロウウニ」なんですね~(@o@)フクロウウニは水深が深い場所にいるので見られる場所は地形のポイントですね。ドロップオフの壁沿いにくっついていることがあり、そのときに見られました。ただしフクロウウニの毒性は強いので観察は要注意です(`_´)ゞ数も少ないので滅多に見られない稀な種です。
名前 バブルコーラルシュリンプ
撮影地 崎本部
コメント こちらも特定の生物にしか住まないエビですね。住み家はバブルコーラル「ミズタマサンゴ」ですね(^0^)/一生をこのミズタマサンゴで過ごします。体が透明で紫の筋が入っています。その姿がとても神秘的な印象を受けるエビです。ミズタマサンゴがあるとこにしかいないので南国のエビです。ミズタマサンゴから決して動かないので撮影も比較的楽ですのでじっくり狙いたいですね(^0^)v
名前 アカシマシラヒゲエビ
撮影地 水納島
コメント エビの疑問その1、どうして紅白模様のエビが多いいの?そう疑問に思うくらい赤と白の割合が多いんですよね~(ー_ー?)なぞだ・・。それはさておきこのエビはクリーナーシュリンプとも呼ばれています。大型の魚や、ウツボなどと一緒にいますが決して食べられることはありません。クリーナーの名が示すとおり魚達をお掃除するんですね~(@o@)ちゃんとハゼの共生と同じく相互利益が生まれているんですな~(^0^)v
砂地にあるサンゴの根の隙間などにいることが多いです。
名前 ホワイトソックス
撮影地 水納島
コメント こちらもアカシマシラヒゲエビと同様他の魚類を掃除するクリーナーシュリンプです。ちなみに写真のエビが乗っているのはとても大きなウツボの背中です。名前の通り白い靴下を履いているようなかわいらしいエビです(≧∇≦)ノ彡水族館などではクリスマスシーズンになるとメインとなって紹介されています。その姿からサンタクロースを連想させてくれますね★(o≧□≦)o☆まー実際は南国のエビなんですけどね・・数はものすごく少なく滅多にお目にかかれません。一回見つけるとしばらくその根にいるので時期が合えばよく見るんですけどね~ε=(・д・`*)
名前 スザクサラサエビ
撮影地 水納島
コメント 南国のサラサエビですね。日中に観察できるエビの中でもっともよく出てきてくれるエビです。砂地のサンゴの根の隙間によくいます。アカシマシラヒゲエビやホワイトソックスなどと同じ環境にいますが彼らより沢山いるので撮影も比較的楽でしょう。名前がかっこいいので気に入りました!朱雀って空想上の生き物ですよね?それを連想させているなんてなかなかやりますね~ヾ(^∇^)ノ
名前 ウミウシカクレエビ
撮影地 瀬良垣
コメント ウミウシなどに隠れているためウミウシカクレエビと呼ばれていますが・・ウミウシと一緒にいるところは見たこと無いです・・・そのほとんどがナマコに隠れています(´。` ) =3 「ナマコカクレエビじゃん!!」と突っ込みたくなるくらいナマコにいます(o・_・)ノ”(ノ_<。)でも鮮やかなオレンジの色合いがきれいなんですが・・・こいつ昔の特撮の「ウルトラマン」に出てきた怪獣に似てません?そう「バルタン星人」に w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w!ね?似てるでしょう?なんかいろんな名前をつけられそうなエビですね・・・。
名前 ミナミゾウリエビ
撮影地 瀬良垣
コメント 食用にもなっているエビですね( ̄¬ ̄*) 水中でであっても「あーおいしそうなエビだ~!!」とついつい思ってしまいます。ドロップオフなどの洞窟内などで見かけます。体の形が草履のような形なのでゾウリと呼ばれているんですね~。でもなんか見た目はエビって感じじゃないですよね~・・クリクリのつぶらな瞳がなにかをうったえているように思えます。
名前 カノコイセエビ
撮影地 瀬底島
コメント おいしいエビの定番イセエビですo(^O^*=*^O^)oカノコとは「鹿の子」のことで鹿の子供は幼い頃体に白い斑点があります。その模様に似ているためカノコとついたのでしょう。洞窟などの地形ポイントでは奥のほうからこちらの様子を伺っています。見るのもいいんですけど・・・お昼近くに見ると・・・ついついかぶりつきたくなってしまいます( ̄¬ ̄*)洞窟内などの暗いところにいるのでライトは必需品です!!
名前 ホシゾラワラエビ
撮影地 真栄田岬
コメント なんというか・・・エビなの?と思ってしまうような姿の生物です。エビというよりも海に中にいるクモって感じですね(ー_ー?)ムギワラエビやオルトマンワラエビなんかと同じ種で長い足に無数に光る銀色の模様が星空を連想させるためホソゾラと呼ばれています。まーオルトマンワラエビとほぼ同じなんですが、南国にいるのがこいつのようです。ヤギ類やイソバナ類にくっついていることが多いですね~。それにしても面白い姿ですな~。写真にカーソルを合わせると写真が変わります。
名前 イソコンペイトウガニ
撮影地 瀬底島
コメント ウミトサカ類に擬態して住み着いているのがこのカニ(@o@)初めは見つけるのに苦労しましたが、何回か見つけているうちになんとなくこいつが住んでいそうなウミトサカが勘でわかってきました(^0^)v見事な擬態をしていますので見破るのは慣れるまで大変ですよ~♪色合いがきれいなので被写体にはもってこいです!じっくり時間をかけて撮影したいですね!潮通しの良い場所のウミトサカ類に稀にいます。
名前 イソバナガニ
撮影地 レッドビーチ
コメント こちらはウミトサカ類では無くイソバナ類に住み着き擬態しているカニです(@o@)初めてこいつを見るために何百というイソバナを探してきたのにほとんどが外れ・・・そんなに珍しいわけでもないのに・・・なぜか出会えなかったのです(_ _|||)しかし初めてレッドビーチで見たときは・・・これでもか~と言うくらい沢山いて・・・今までの努力は・・・とショックを受けました(o・_・)ノ”(ノ_<。)他のポイントではそれ以降もあまり見てないので住み心地がいいのかな?と思いました。
名前 カイカムリ
撮影地 レッドビーチ
コメント なんともユニークなカニさんです(≧∇≦)ノ彡このカニはカイメンをちぎって自分の背中にしょってカイメンに擬態しています。擬態する生物の中でも見破るのがもっとも難しい種類です。たぶん今まで気が付かずにスルーしてきたことは少なく無いと思います。それくらいわからないんです(@o@)僕の見破るこつはカイメンをみたときに破られているカイメンがあるかどうかでまず探すかどうか判断します。あとはカイメンに亀裂や線が入っていないかも確認しますね。そこまで確認していないこともよくあるので・・・擬態の名人のトップ入り認定します。根気勝負です(`_´)ゞ
名前 キンチャクガニ
撮影地 崎本部
コメント 僕の好きなカニの中でトップクラスに入るカニさんですo(^0^)o小型のカニですがその手に持っているものはイソギンチャクなんですヽ(゚Д゚;)ノ゙ェェそのイソギンチャクをおもいっきり振って威嚇するのですが・・その姿がまさにチアリーダーのようにボンボンを振っているんですよ~(♡´∀`♡)もうかわいっくてしょうがないです。目がちょっといやらしいのですが・・・それが逆にかわいらしさをアップさせています。サンゴのガレ場をめくると出てきますが、他の魚に注意しないと食べられちゃいますので十分注意してくださいね☆
名前 オラウータンクラブ
撮影地 瀬良垣
コメント こちらもミズタマサンゴなどに住んでいますが、かならずミズタマサンゴじゃないといけないわけでは無いようです。ただミズタマサンゴにいることが多いということですね(@o@)オラウータンクラブと呼ばれていますがこれはダイバーの中でそう呼ばれているだけで正式な和名はまだ付いていないんですね~一応「クモガニ属の一種」になってます。良く探せば結構見つかりますよ!
もじゃもじゃの体がとってもキュートなカニさんですヾ(^∇^)ノ
名前 ナマコマルガザミ
撮影地 崎本部
コメント ナマコをひっくり返すとウミウシカクレエビのほかにこいつがいることがあります。住み着いているナマコに近い色合いをしています。つまり黒いナマコに真っ黒い個体がいたりします(。。*)見つかってもあまり逃げないのですがその代わり・・・はさみでナマコのことをぎゅーっと挟んで離しません!!!!(゚ロ゚ノ)ノなんと宿主を挟むって・・・さすがカニです。ジャノメナマコなどによくいますのでひっくり返して見てください☆
名前 モクズショイ
撮影地 崎本部(ナイト)
コメント 僕が人生初めてダイビングをした伊豆大島でのOW講習のときに初めてみたカニ。そのときは「なんだこのゴミつけたカニは~(@o@)」と思い始めての海ながら今でも印象に残っているカニです。沖縄ではナイトダイビングの際に良く見かけますが。モクズを背負っているので「モクズショイ」と呼ばれているのでしょう。
写真にカーソルを合わせると写真が変わります。
名前 ムチヤギカクレカニダマシ
撮影地 レッドビーチ
コメント カクレだのダマシだのとちょっとひどい名前が付いていますが、これはカニではなくカニダマシという種類になります。つまりカニに似ているけどカニじゃないよと言う事です。沖縄にはいませんがタラバガニもカニじゃなくてこいつらに近い種です。さらにこの種類は沖縄のレッドビーチでしか観察できな珍しい種類です!!!!(゚ロ゚ノ)ノムチヤギにくっ付いているのでリクエストいただければ大抵お見せできると思います。
名前 アカホシカニダマシ
撮影地 崎本部
コメント こちらもカニダマシです。イソギンチャクなどに住んでいるタイプのカニダマシですね(^0^)vカクレクマノミなどが住んでいる「ハタゴイソギンチャク」にいることがほとんどです。カクレクマノミとセットで観察して見るのがいいかな?ちなみにカニダマシは横に歩くのではなく後方に動くのに特化した足のつくりになっているんですな(@o@)カニはハサミ入れてすべての足が10本はっきりしているのに比べ、カニダマシは8本はっきり確認ができますが、最後の2本はお尻のとこに収納されているのでわかりずらいです(。。*)
名前 コマチコシオリエビ
撮影地 崎本部
コメント こちらもカニでのエビでのなくコシオリエビという種になります。コシオリエビもカニダマシの特徴と似ていますがはっきり違うのはハサミが真直ぐ伸びているところですね(。。*)この種はウミシダ類と共生してウミシダの根元や裏にいます。カラーバリエーションが豊富で宿主と同じツートンカラーになっています(@o@)毎回思うのですが不思議ですよね~。
名前 オガサワラカイカムリ(ユキンコボウシガニ)
撮影地 崎本部
コメント こちらは先ほど紹介したカイカムリの仲間です。
ちょっと前に沖縄で大ブームになったカニですね!!!!(゚ロ゚ノ)ノこの種は大きくならず、小型のチャツボホヤを被っています。その姿が雪を帽子に被っているように見え「ユキンコボウシガニ」の通称がダイバーに広まりました(^0^)v正式には「オガサワラカイカムリ」とうようですが・・・夏場に多く見かけますが・・・見つけるのは至難の業・・・なぜかって・・・それはこいつが被っているチャツボホヤがものすごくたくさんあるからです・・。


生物紹介のページへ
ショップ スタッフ ダイビング トレッキング カヤック オススメ 地元
メディカル ブログ BBS サンゴ アクセス お問い合わせ リンク サイトマップ